10/31号『帝飲食糧新聞』を発行しました。「鍋物」特集です。
2012-10-31新着情報の画像

  主な内容は…

  【鍋物特集】

   ▼鍋用調味料、立ち上がりの遅れ巻き返しへ
     目立つ少人数鍋の提案
     塩麹使用の新製品も登場
     頭痛の種は価格競争激化

   ▼各社動向
     ・ミツカン…『3点おかず鍋』提案
     ・寿がきや食品…中部限定品、好発進
     ・ヤマサ醤油…パウチ新製品の配荷円滑
     ・キッコーマン食品…新製品、過去最大の売上へ
     ・ハグルマ…ぽん酢類、順調
     ・ヤマキ…過去最多の新製品
     ・マロニー社…13年7月期、年商30億円に挑む
     ・シマヤ…今秋は『シマヤだしの素』新活用法を提案
     ・桃屋…『キムチの素』、鍋用調味料売場へ
     ・にんべん…ぽん酢新製品、流通から好反応

     



【コーヒーマーケット】

 ▼キーコーヒー、歳暮ギフト発表会を開催
   アロマフラッシュショート缶ギフト投入
   歳暮売上目標は103~105%

 ▼「お金を出しても良いコーヒー買えない時代に」
   キーコーヒー・川股常務、歳暮G発表会で

 ▼ネスレ日本、歳暮期ネスカフェギフト発表
   「ウチナカカフェ」をテーマに市場活性化

【その他の記事】

 ▼カゴメ13年3月期中間決算、四半期純利益は過去最高
   トマトジュース、持続的な成長に向け取組み強化

 ▼日酒販、上期の売上は過去最高
   売上総利益は低下

 ▼サントリーHD、飲料事業でペプシコと資本提携

 ▼加州レーズン協、12/13年度対日マーケティング活動計画を発表

 ▼プロバイオティクスに小児湿疹低減効果
   NZ・フォンテラ社が発表

 ▼国分、青果物卸8社と業務提携

 ▼日本ハム、歳暮ギフト販売数量3%増めざす

 ▼伊藤ハム、歳暮ギフト目標8%増

 ▼丸大、冬ギフト販売量10%増めざす

 ▼ライフC13年2月期中間決算、4.2%増収も大幅減益






戻る