1/1付『帝飲食糧新聞』を発行しました。「2014年新春号」です。
2014-01-01新着情報の画像

 主な内容は…

 【第1集】

  <インタビュー>

  ▼ダイエー・村井社長、復活への道すじを語る

  ▼加藤産業・加藤社長、今年の営業方針を語る

  ▼イズミヤ・坂田社長、ロジ改革を実行

  ▼日本パスタ協会・今井会長、「健康長寿」と「エコ」が鍵

  
  <各カテゴリーの展望>

  ▼チーズ、コスト吸収はもはや限界
    値上げ浸透へ全力
    オセアニアから米国産への転換点の年に

  ▼即席麺、販売競争がさらに激化
    ノンフライ袋麺、各社生産能力を増強
    カップ麺の巻き返しが課題

  


  ▼パスタ、4月以降家庭内在庫の高回転策が鍵
    13年市場は水面下、課題はショートの回復

  

  <各界トップの年頭所感>

 

 【第2集】

  <インタビュー>

  ▼ビール大手2社トップに聞く
    アサヒ・小路社長「進化する市場創造型企業へ」
    キリン・磯崎社長「14年は既存ブランド強化が第一」

  
  <各カテゴリーの展望>

  ▼清涼飲料、4年連続で過去最高を更新
    自販機の増税対策が焦点

  ▼酒類…ワインは長期拡大局面に
    アメリカンウイスキーが久々に活況
    ビール大手2社、看板ブランドをテコ入れ

  ▼コーヒー、増税の影響は軽微か
    生豆相場、100セント割れの可能性も

  ▼コーヒー生豆国際市況
    ワタル・小澤顧問が解説

  ▼紅茶、輸入価格が高騰
    活発化する国産紅茶

  
  <各界トップの年頭所感>

  
  <その他の記事>

  ▼ヤオコー川野社長「課題は商品開発力と生産性改善」
    売上横ばいもコスト増を予想

  ▼『プレミアムモルツ』の販売数量、10年連続過去最高








    
    

戻る