10月1日号は、「缶コーヒー」特集です。
2014-10-01新着情報の画像

【缶コーヒー特集】
▼缶コーヒー秋冬商戦本格化
〝淹れたてコーヒーの味わい〟追求  導入相次ぐエナジーコーヒー

▼缶コーヒー主要メーカーに聞く「秋冬戦略」

  ▽『ジョージア ヨーロピアン』好調  『至福の微糖』新発売  日本コカ・コーラ

  ▽『ボス』手売り市場でシェアNo.1目指す  「プレミアムボス」で缶コーヒーの価値向上を  「レインボーマウンテンブレンド」刷新  サントリー食品インターナショナル

  ▽『ワンダ』主力アイテムを強化  「金」の微糖と無糖は広告刷新  アサヒ飲料

  ▽『タリーズコーヒー』が絶好調  今年の販売目標1000万箱  ホット化に合わせ新広告&キャンペーン  長時間品質保持でおいしさを追及  伊藤園

  ▽『ファイア ダブルマウンテン』新発売  Wピーク製法で淹れたてのおいしさ  ボトル缶入『挽きたて極微糖』も投入  キリンビバレッジ

  ▽『アロマックス』来年に向けて強化  「デミタスオレ」首都圏エリアで先行発売  東海限定商品は現地の嗜好に合わせ改良  ポッカサッポロフード&ビバレッジ

▼UCC上島珈琲 発売20周年『BLACK無糖』強化  〝攻メノBLACK〟をコンセプトに価値向上  「2粒度2焙煎」のホット専用も

▼好調『ダイドーブレンド』<おいしさ続く微糖>  ボトル缶コーヒーに注力  2~8月は前年比1.2%減  『泡立つデミタス エスプレッソ』カウンターコーヒーに対抗

【コーヒーマーケット】
▼「SCAJ2014」(Specialty Coffe Association of Japan)華やかに  〝Surprise!!〟テーマに開催  過去最大のブース出展規模  セミナーなど併催 イベントも多彩に

【その他の記事】
▽2期連続の営業増益と堅調  トーホー15年1月期第2四半期  ディストリビューター強化へ
▽スーパー 食品売上5カ月ぶりにプラス  夏物商材はふるわず
▽マンUとコラボ商品 日清食品

▼家庭用マーガリン 下期挽回へ  バター需給の逼迫が追い風  上期「仮需の解消に時間かかった」  6月以降は回復傾向  秋は2強がTVCMで攻勢

▽六甲バター  ベビーチーズ 上期5%増  〝選べる楽しさ〟を追求
▽モンテ物産 ナポリを代表するコーヒーブランド『キンボ』  来年1月から販売スタート  業務用エスプレッソ豆4種など

戻る