12月17日号は、「チーズ」特集です。主な内容は・・・
2014-12-18新着情報の画像

【チーズ特集】
     ■チーズ業界 円安でコスト下がらず□
     ------------------
       ・1~6月積みオセアニア原料チーズ価格
          =円建てでは横ばいか微増の決着

       ・禁輸措置のロシア、中国は粉乳需要減少
       ・有望視されるアイルランドチェダー

 ▽14年度上期 家庭用チーズ健闘  業務用チーズは苦戦
 ▽家庭用PC、物量4~5%減  ベビーチーズが好調キープ  デザート系チーズの構成比、ポーション市場の約2割に
 ▽家庭用NC、カマンベール絶好調  物量減少も底堅い動き
 ▽NC輸入量 1月~10月で2.7%減

 ●さけるチーズなどNC3本柱拡販 雪印メグミルク
 ●冬は〝アボカド〟でカプレーゼ提案 森永乳業
 ●『十勝スマートチーズ』新規ユーザー獲得へ  明治 〝ボーノ&コーヒー〟も訴求
 ●付加価値向上へ取り組み強化 六甲バター
 ●『贅沢ベビーチーズ』新登場 宝幸ロルフ事業部
 ●『大人のチーズ』好調 小岩井乳業
 ●焼き目がつく新機能チーズ 『こんがり焼けるチーズソフト』 雪印メグミルク

 
【コーヒーマーケット】
 ●1~10月累計 12%減の580万袋 コーヒー生豆輸入量
            ……10月入荷の平均単価(㎏当たり)は、前年同月比4割高(401円)に

【その他の記事】
 ▼卸事業で業務提携へ
     ――国分と丸紅、来年6月をめどに

 ▼今年の国産ウイスキー市場 対前年11%増の見通し  梅酒は3年ぶりのプラス

 ▼ワイン市場、拡大局面続く  来年さらなる価格改定の可能性

 ▼〝朝食〟など5つのコーナーを提案  国分が春季首都圏育成商品展示商談会

戻る