2月18日号は、「缶コーヒー」特集です。主な内容は・・・
2015-02-19新着情報の画像

【缶コーヒー特集】

 ■ 各社の積極策で缶コーヒー健闘 ■
    ボトル缶ブラックは成長維持   成長領域開拓へ新商品投入   
    自販機独自の品揃え構築が課題


【その他の記事】
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 ▼ 10店中6店が前年割れ ▼  <都内百貨店の14年歳暮ギフト商戦、結果> 
      ――富裕層の取り込みがカギ
     ・コーヒーギフト振るわず   

 ▼ 付加価値のある高価格品が好調 ▼ <主要スーパーの14年歳暮商戦、結果>    
     ・大丸松坂屋 田中直毅氏に聞く――新婚世帯にチャンスあり
――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 ▼プレミックス生産量 4年ぶり前年超え――業務用加糖、増加に

 ▼明治屋 『おいしい缶詰』 発売1年で7億円~グルメ缶のおつまみ需要拡大~

 ▼家庭用オリーブオイル : 真価問われる15年度  過去最大幅の値上げで正念場

 ▼日清フーズ : 新提案でコストアップに対応  春の家庭用新商品、発表  『日清クッキングフラワー』――150gのコンパクトなボトル入り

 ▼ビームサントリー : 世界5大ウイスキーでセミナー

 ▼ <青のエビス> を全業態で販売  〝100年プレミアムブランド〟 追及

 ▼ 『スティリーノ』 看板商品に  マリンフード・吉村社長

 ▼明治 : ・プリン体と戦う 『PA-3』投入
      ・<デザートピッツァ> 提案  家庭用冷凍食品の新商品
      ・〝マダラ騎士の勲章一等〟 受賞  川村社長、ブルガリアのイメージ向上に貢献; 『明治ブルガリアヨーグルト』 で 

 ▼丸大食品 : 〝育成〟を商品開発のテーマに  春季新商品、『うす塩』 シリーズから 「ブロックベーコン」 など

 ▼昭和産業 : 穀物で顧客の課題解決へ 
         14年4月~12月期、営業利益12%減  販売数量は各事業とも伸長


【コーヒーマーケット】

 ● 最高品質のエスプレッソを日本に : キーコーヒー、イリ―と包括提携

 ● 上質な 『オリジナルリーフティー』 (4アイテム)など : 三井農林、春季新商品

 ● 「UCCコーヒーアカデミー東京校」 開校 

戻る